教育裁判例出典検索

教育に関する裁判例の出典を表示します.
200 件を超えるデータは表示されません.
提供する情報についてはいかなる責任も負いません.

日  検索語:   


最終更新:2022年8月8日
検索条件 "最近の判例 " にあてはまる裁判例は 60 件です。 ( 2 / 3 page )
2021.11.30「新しい日本大学をつくる会」裁判
東京地裁 令和元年(ワ)第26858号 損害賠償請求事件
令和3年11月30日判決 一部却下・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件(請求1)は,学校法人a大学の教授又は非常勤講師の職歴を有する個人原告ら及び原告×15会が当事者となって,a大学の理事長,学長又は理事である被告らは,意思の連絡の下,@a大学アメリカンフットボール部の選手による相手選手に対する危険タックル・反則行為に係る適切な事後対応等をせず,また,Aa大学の医学部入学者選抜試験において不自然に下位の者が合格している事案を生じさせるなどしたところ、これらの被告らのa大学に対する善管注意義務及び忠実義務違反行為があったためにa大学に対して国から交付される私立学校振興助成法4条に基づく補助金が約33億円減額されたとして,債務不履行又は共同不法行為に基づき,a大学に対し,連帯して,同減額相当分の一部である3億5000万円等の支払を求めるものである。
2021.11.29解任された学校法人理事のビラ配布事件
東京地裁 平成30年(ワ)第31997号 損害賠償請求事件
令和3年11月29日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告法人が、被告によるビラ及び冊子の配布行為は原告法人に対する名誉毀損の不法行為に当たるとして,被告に対し損害賠償をもとめる事案である。
2021.11.26京都市立小学校・体験学習中の負傷事故
京都地裁 令和2年(ワ)第2155号 損害賠償請求事件
令和3年11月26日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 小学校の校外行事で児童がけがを負ったとして,児童と両親が市に対し,計500万円の損害賠償を求めた事案。裁判所は「教諭らの過失で事故が発生」として市に21万円の賠償を命じた。児童は,2泊3日の体験学習でナイトウオークを行っていたところ,「山の主」に扮した校長に遭遇し,慌てて走りだした仲間とはぐれ,側溝に落ちて転倒。前歯2本の先端を折った。
2021.11.25宮城県立高校部活動指導員暴行事件
仙台高裁 令和3年(ネ)第194号 損害賠償等請求事件
令和3年11月25日判決 認容
【出 典】 労働判例ジャーナル121号56頁
【経 過】 一審仙台地裁古川支部
【参 考】 県立高校で、部活動中に外部指導者の男性が男子生徒に体罰をした問題で、指導者の言動や暴行が原因で精神疾患を発症したとして、生徒と保護者が男性に約300万円の損害賠償を求める事案。
2021.11.25私立高校生徒いじめ自殺見舞金事件
福岡地裁 令和2年(ワ)第3840号 損害賠償請求事件
令和3年11月25日判決 認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 私立高2年の女子生徒が自殺したのは,いじめが原因だったとして,生徒の両親が,学校管理下の事故などに災害共済金を給付する独立行政法人日本スポーツ振興センターに死亡見舞金の支払いを求めた事案で,判決は「いじめが自殺の主たる要因」と両親の訴えを認め,独立行政法人側に2800万円の支払を命じた。
2021.11.24四條畷市立中学校教諭暴力被害事件
大阪地裁 平成31年(ワ)第1780号 損害賠償等請求事件
令和3年11月24日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル121号56頁
【参 考】 市立中学校で、男性教諭が生徒の暴力で重傷を負い、生徒の保護者から嫌がらせを受けたのに学校側が労働環境の改善を怠ったとして、市と府に約920万円の損害賠償を求めた訴訟
2021.11.19九州大学教授退任記念祝賀会事件
福岡地裁 令和元年(ワ)第4180号 損害賠償等請求事件
令和3年11月19日判決 認容
【出 典】 労働判例ジャーナル121号56頁
【参 考】 九州大学が、研究目的の会合として元教授に支出した経費の中に私的な退任祝賀会が含まれていたとして、元教授に617万円の返還を求める事案
2021.11.18杉並区立小学校用務員パワハラ事件
東京地裁 令和2年(ワ)第5177号 損害賠償等請求事件
令和3年11月18日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,杉並区に任用された公務員として同区立a小学校において学校用務員としての勤務をしていた原告が,同じく学校用務員としての勤務をしていた被告らから受けた言動により精神的損害を被った旨を主張して,被告らに対し損害賠償を求める事案である。
2021.10.28大阪府立高校頭髪指導事件
大阪高裁 平成29年(ワ)第8834号 損害賠償請求控訴事件
令和3年10月28日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト、判例地方自治486号
【経 過】 一審大阪地裁令和3年2月16日判決、最高裁令和4年6月15日決定(不受理)
【参 考】 公立高校に在籍していた控訴人が,教員らから頭髪指導として受けた措置のうち,黒染め等について国家賠償法上の違法又は在学関係上の安全配慮義務違反があるとは認めず,不登校となった後の生徒名簿からの削除等について上記の違法又は義務違反に基づく損害賠償請求を一部認めた原審の判断を是認した事例。大島佳代子・季刊教育法211号6頁
2021.10.13私立大学教授セクハラ事件
宮崎地裁延岡支部 平成30年(ワ)第33号 損害賠償請求事件
令和3年10月13日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告学園が開設するa大学の大学院生兼助手である原告が,指導教授であった被告Y1から継続的にセクシュアル・ハラスメントその他のハラスメントを受け,精神的苦痛を被ったと主張して,被告Y1に対しては民法709条に基づき,被告学園に対しては同法715条1項に基づき,損害賠償等を求める事案である。
2021.10.06奈良市立小学校教員不適切指導事件
奈良地裁 平成31年(ワ)第28号 損害賠償請求事件
令和3年10月6日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告が,小学○年生時に通っていた市立小学校において,原告に対するいじめについて担任教諭及び校長が適切な対処をしなかったこと及び,担任教諭について不適切なセクハラ行為があったと主張して,被告に対し、国家賠償1条1項,民法709条に基づく損害賠償を求める事案である。仲直りを約束させ、「うそをついたら先生とキスをする」と言った。
2021.10.04教員免許状偽造事件
大分地裁 令和3年(わ)第113号 有印公文書偽造,同行使被告事件
令和3年10月4日判決 懲役1年6月、執行猶予3年
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 (罪となるべき事実)被告人は,行使の目的で,パーソナルコンピュータを用いて,「高等学校教諭一種免許状」,「氏名Y」,「福岡県教育委員会」などと入力し,福岡県教育委員会印と記した印影データを貼付するなどして,福岡県教育委員会作成名義の高等学校教諭一種免許状のデータを作成し,大分県立a高等学校事務室において、同校職員Aに対し,偽造免許状の写し1通を真正に成立したもののように装って提出して行使した。
2021.10.01埼玉県公立小学校教員時間外労働事件
さいたま地裁 平成30年(行ウ)第33号 未払賃金請求事件
令和3年10月1日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト、労働判例1255号5頁、判例地方自治484号40頁
【参 考】 本件は,埼玉県○○市立小学校の教員である原告が,平成29年9月から平成30年7月までの間に時間外労働を行ったとして,主位的には,労働基準法37条による時間外割増賃金請求権に基づき,予備的には,本件請求期間に原告を同法32条の定める労働時間を超えて労働させたことが国家賠償法上違法であると主張して,被告埼玉県に対し,時間外割増賃金又はその相当額の損害金242万2725円等の支払を求める事案である。神吉知郁子・ジュリスト1571号122頁、高橋哲・世界2021年12月号27頁
2021.10.01葛飾区立中学校いじめ事件
東京地裁 令和2年(ワ)第27275号 損害賠償請求事件
令和3年10月1日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告が、被告に対し、@被告が,原告の子が葛飾区立a中学校においていじめを受けていたのに,これを否定する虚偽の回答を区長名でした後,原告がこれに関して説明を求めても一切応じなかったこと,A被告(区教育委員会)が、警察や東京都(都教育委員会)等の関係機関に対し,前記同様の虚偽の回答をしたことは違法であり,これにより,原告は関係機関から適切な対応をしてもらえず,精神的苦痛を被ったと主張して,損害賠償を求める事案である。
2021.10.01葛飾区立中学校公益通報事件
東京地裁 令和2年(ワ)第28155号 損害賠償請求事件
令和3年10月1日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告が,被告に対し、原告が東京都教育委員会公益通報弁護士窓口にした公益通報について,被告が葛飾区教育委員会に調査を丸投げし、その報告をそのまま採用するなど、被告が本来すべき調査をしなかったにもかかわらず,公益通報に対する回答に関して説明を求めた原告を一方的に拒否し続けたことにより,精神的苦痛を被ったと主張して、損害賠償を求める事案である。原告は東京地裁令和2年(ワ)第27275号事件と同じ。
2021.09.27被差別部落地名リスト出版差止請求事件
東京地裁 平成28年(ワ)第12785号、平成28年(ワ)第17680号、平成28年(ワ)第28219号、平成29年(ワ)第32358号、平成30年(ワ)第34522号 損害賠償等請求事件(本訴),(反訴)
令和3年9月27日判決 一部認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 全国の被差別部落の地名をまとめた書籍の出版やネット上での公開は、被差別部落出身者のプライバシーなどを侵害するとして、部落解放同盟や被差別部落出身者ら234人が、川崎市の出版社に出版・公開の差し止めや損害賠償を求めた訴訟。
2021.09.17順天堂大学医学部不正入試事件
東京地裁 令和元年(ワ)第28088号 共通義務確認請求事件
令和3年9月17日判決 一部却下・一部認容(確定)
【出 典】 裁判所ウェブサイト、消費者機構日本ウェブサイト
【参 考】 本件は,消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律65条の定めるところにより内閣総理大臣の認定を受けた特定適格消費者団体である原告が,a大学を運営する学校法人である被告に対し,被告が平成29年度及び平成30年度の本件試験において,受験者に事前に明らかにすることなく,受験者(出願者)の属性(女性及び浪人生)を不利益に取り扱う判定基準を用いたことについて,これが不法行為又は債務不履行に該当すると主張して、合格の判定を受けなかった者を対象消費者として,特例法3条1項3号又は4号の規定に基づく共通義務確認の訴えを提起した事案である。
2021.09.16私立高校教員パワハラ心身症事件
東京地裁 令和元年(ワ)第29408号 損害賠償請求事件
令和3年9月16日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告が,職場における上司や同僚からパワーハラスメントを受けて心身症と診断されるに至ったとして、雇用者である被告に対し,@パワーハラスメントが生じないような安全配慮義務・職場環境配慮義務に反したとの労働契約上の債務不履行責任,A心身症となった原告の業務負担を軽減する措置等を講じるべきところ,それらの措置を講じなかったという労働契約上の債務不履行責任,B被用者のパワーハラスメントに関する使用者責任に基づき,損害賠償等の支払を請求する事案である。
2021.09.09国立大学学生アカハラ自殺事件
宇都宮地裁 令和2年(ワ)第55号 損害賠償請求事件
令和3年9月9日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告国立大学法人Y1が運営するa大学の学生であったBの父である原告が,同大学に所属する准教授である被告Y2のBに対するアカデミックハラスメント行為により同人が自殺したとして,被告大学法人に対しては国家賠償法1条1項に基づき,被告Y2に対しては民法709条に基づき,被告らに対し,連帯して損害賠償金等の支払を求める事案である。
2021.08.31東京都公立小学校児童セクハラ被害事件
東京地裁 平成31年(ワ)第8148号 損害賠償請求事件
令和3年8月31日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告千代田区の設置する小学校の5年生であった原告が,同小学校の教員からセクシュアル・ハラスメント等を受けたなどと主張して,被告千代田区に対し,国家賠償法1条1項に基づき,被告千代田区以外の被告らに対し、民法709条に基づき,損害金1円の支払を求める事案である。「かわいいですね」と言われPTSDに

Page: 1 2 3

Top page