教育裁判例出典検索

教育に関する裁判例の出典を表示します.
200 件を超えるデータは表示されません.
提供する情報についてはいかなる責任も負いません.

日  検索語:   


最終更新:2024年5月19日
検索条件 "最近の判例 " にあてはまる裁判例は 60 件です。 ( 3 / 3 page )
2023.02.17前橋市教育委員会個人情報流出事件
前橋地裁 令和2年(ワ)第145号 損害賠償請求事件
令和5年2月17日判決 認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 前橋市教育委員会のシステムが不正なアクセスを受け、小中学校などの個人情報が大量に流出した可能性があるとして、前橋市が、システムの管理を委託していたNTT東日本に損害賠償を求めた事案
2023.02.16大学教授の懲戒解雇事件
札幌地裁 令和2年(ワ)第1958号 地位確認等請求事件
令和5年2月16日判決 一部認容・一部棄却(控訴)
【出 典】 裁判所ウェブサイト、労働判例1293号34頁
【参 考】 大学教授だった原告が、当時の学長が開いた大学運営を問題視する記者会見に同席したことなどを理由に懲戒解雇されたのは不当だとして、同大学に地位確認などを求めた事案
2023.02.13宮城県白石市立中学校事務長被告事件
仙台地裁 令和4年(わ)第665号 威力業務妨害事件
令和5年2月13日判決 懲役2年、執行猶予4年
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、被告人が、夜間、事務長として勤務していた中学校内に灯油を多量にまいた上、ガスを漏出させた状態で、火のついたろうそくを放置したことにより、翌日に出勤した上記中学校の教員らの業務を妨害した、という事案
2023.02.10兵庫県洲本市立中学校・生徒の作品紛失事件
神戸地裁 令和3年(ワ)第1694号 損害賠償等請求事件
令和5年2月10日判決 一部認容
【出 典】 労働判例ジャーナル135号68頁
【参 考】 市立中学校在学中に毎年,夏休みの自由研究として計6作品を提出し卒業後に返却を求めたところ,1作品のみ返され,他の作品は見つからなかったため,元生徒と両親ら計4人が,市に計2千万円の損害賠償を求めた事案
2023.02.10熊本市立小学校教員体罰暴言事件
熊本地裁 令和3年(ワ)第215号 国家賠償請求事件
令和5年2月10日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、原告が、当時通っていた被告が設置する小学校において、原告のクラスの担任であったD教諭から、(1)原告の腕を強く掴み正面から首元を掴んで教室の壁方向に押しやる行為を受けたこと、(2)同クラスの児童全員の前で、1「お前ははっきり言ってクソだ。」、2「もう学校に来なくていい。」、3「もう原告とは話すな。」「もう原告とは関わるな。」「友達を選びなさい。本当にこの人といたら楽しい、安心できるという友達と過ごしなさい。」、4「親に言っても無駄だ。俺は撤回しないから。」と言われたことが、いずれも違法な行為であるなどと主張して、被告に対し、慰謝料等約275万円の支払を求める事案である。
2023.02.09私立学校教員ハラスメント事件
大阪地裁 令和2年(ワ)第7028号 損害賠償請求事件
令和5年2月9日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、被告学院が経営する○○中学校・高等学校に勤務する教員である原告が、同校の教員であった被告Y1及び同校の教員である被告Y2から長期間継続的にハラスメントを受け、被告学院は上記ハラスメントに対して不適切な対応をして職場環境配慮義務に違反したと主張して、被告らに対して連帯して慰謝料等の支払を求める事案である。
2023.02.01千葉県公立小学校教諭わいせつ行為事件
千葉地裁 平成31年(ワ)第139号 損害賠償等請求事件
令和5年2月1日判決 一部認容
【出 典】 労働判例ジャーナル135号68頁
【参 考】 小学校で30代男性教諭から胸を触られるなどのわいせつ行為を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になり登校できなくなったとして、当時小学5年だった女性と両親が教諭や千葉県などに損害賠償を求めた事案
2023.02.01柔道整復師国家試験問題漏えい事件
東京地裁 令和4年特(わ)第2373号 各柔道整復師法違反被告事件
令和5年2月1日判決 懲役1年執行猶予3年、懲役10月執行猶予3年
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 判示第1は、柔道整復師国家試験の試験委員であった被告人Aが、出席した本件試験のI会議で録音した全出題予定問題の音声データを、被告人Aが非常勤講師を務めたD専門学校の校長補佐に送信して教示し、もって試験事務に関して知り得た秘密を漏らしたという事案
2023.02.01福島第一原発事故後の生徒被ばく事件
仙台高裁 令和3年(行コ)第9号 各安全な場所で教育を受ける権利の確認等請求控訴事件(確認請求関係)
令和5年2月1日判決 原判決取消、却下
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【経 過】 一審福島地裁令和3年3月1日判決(裁判所ウェブサイト)。控訴審において、訴訟を行訴部分と国賠部分に分離、本判決は行訴部分。国賠部分については、仙台高裁令和5年12月18日判決(棄却)。
【参 考】 本件は、控訴人らが通学している学校の教育環境は、本件原発事故後の現在の状況では、控訴人らの健康の維持に悪影響を及ぼす程度の放射線に被ばくする具体的な危険がある旨主張し、公法上の人格権に基づき、又は被控訴人らが負う安全配慮義務の履行として、安全な地域における教育の実施を求める作為の給付等を請求する事案である。(行訴部分)
2023.01.30長崎大学助教雇止め事件
長崎地裁 令和1年(ワ)第393号 地位確認等請求事件
令和5年1月30日判決 認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 大学で助教として働き,2019年2月末に雇い止めされた男性が,大学側が十分に説明せず契約期間を短縮したとして地位確認などを求めた事案
2023.01.26私立大学研究室撤去事件
大阪高裁 令和4年(ネ)第437号、令和4年(ネ)第1302号 損害賠償等請求控訴・同附帯控訴事件
令和5年1月26日判決 変更(原審原告の請求認容)
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【経 過】 一審大阪地裁令和4年1月18日判決
【参 考】 本件は、学校法人Q大学の専任講師として勤務していた原告が雇用を打ち切られ、地位確認請求等の訴訟を係争中に、法人が原告に無断で原告が利用していた研究室内の原告の荷物を撤去し、本件研究室の鍵を取り替えたのに対して、原告が、本件研究室の引渡し及び損害賠償等を求めた事案。
2023.01.26大学生コロナ感染による留年事件
東京高裁 令和4年(行コ)第266号 進学選択不可処分等取消等請求控訴事件
令和5年1月26日判決 原判決取消、差戻し
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【経 過】 差戻前第一審東京地裁令和4年9月13日判決(却下)、上告審最高裁第三小法廷令和5年9月20日決定(棄却・不受理)
【参 考】 新型コロナウイルスに感染した東京大学の学生が、欠席した必修科目の単位が不認定になり、授業欠席への十分な救済がないまま留年になったのは不当だとして、大学に対し処分の取り消しなどを求める事案。
2023.01.25藤井寺市立中学校・校長教科書汚職事件
大阪地裁 令和4年(わ)第3694号 詐欺、加重収賄
令和5年1月25日判決 有罪
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 市立中学校の教科書選定をめぐり,教科書会社に便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして加重収賄などの罪に問われた元市立中校長に対し,裁判所は,懲役1年6月執行猶予3年,追徴金約6万4000円を言い渡した。
2023.01.25東北大学時間雇用職員雇止め事件
仙台高裁 令和4年(ネ)第257号 地位確認等請求控訴事件
令和5年1月25日判決 棄却(上告・上告受理申立)
【出 典】 労働判例1286号17頁
【経 過】 一審仙台地裁令和4年6月27日判決(棄却)
【参 考】 事務補助業務などに従事して、期間満了で雇止めされた職員が、地位確認等を求めた事案の控訴審。就業規則を改正して無期転換に必要な期間のカウントを開始する平成25年度から5年を上限とした。仙台高裁も雇止めは違法無効とはいえないと判断。基幹的業務といえず契約期間で業務が変化していることから雇用の常用性を否定した。労働契約法に抵触しないとしている。
2023.01.25私立大学教授休職後解任事件
東京地裁 令和2年(ワ)第17568号 地位確認等請求事件
令和5年1月25日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、被告の設置する早稲田大学の教授であった原告が、発症した脳出血とその後遺症により休職していたところ、被告から休職期間満了を理由として解任されたことから、被告に対し、本件解任が無効であると主張して、被告の教授としての労働契約上の権利を有する地位にあることの確認を求めるとともに、労働契約に基づき、未払賃金等の支払を求める事案である。早稲田大学事件、復職判断のための模擬授業を拒否したことを踏まえた解雇の有効性
2023.01.25自殺教員の遺族補償給付不支給事件
名古屋地裁 平成30年(行ウ)第90号 遺族補償給付等不支給処分取消請求事件
令和5年1月25日判決 認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、教員として勤務していたCの妻である原告が、Cは、業務上の事由により、うつ病エピソードを発症し、これを増悪させ自死した旨主張して、労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付及び葬祭料の支給申請をしたのに対し、岡崎労働基準監督署長が、いずれについても不支給とする決定をしたことから、原告が、被告に対し、本件各処分の取消しを求めた事案である。
2023.01.24長崎県立高校ALTセクハラ被害事件
長崎地裁 令和2年(ワ)第213号 損害賠償請求事件
令和5年1月24日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 県立高校の外国語指導助手(ALT)だったアメリカ人女性が,別の県立高の男性ALTや担当校の教頭からセクハラを受けたとして県に慰謝料など計200万円の損害賠償を求めた事案。師子角允彬・セクハラに対する無意味な弁解「酒に酔っていて記憶にない」
2023.01.23大阪市・部活動指導員の再任用拒否事件
大阪地裁 令和2年(ワ)第11531号 損害賠償請求事件
令和5年1月23日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル134号48頁
【参 考】 大阪市の非常勤嘱託職員である部活動指導員として採用され、中学校のバスケットボール部の部員の指導等の職務に従事していた原告が、本件不再任用が違法であると主張し逸失利益や慰謝料の支払いを求める事案。
2023.01.20子ども・家庭相談コーナー相談員うつ病自殺事件
福岡地裁 平成29年(行ウ)第39号 遺族補償等請求事件
令和5年1月20日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【経 過】 二審福岡高裁令和5年9月7日判決(棄却)
【参 考】 自殺した北九州市の元非常勤職員の両親が、自殺の原因は上司のパワーハラスメントなどにあるとして市に遺族補償などを求めた訴訟
2023.01.18羽衣学園専任教員の雇止め事件
大阪高裁 令和4年(ネ)第546号 地位確認等請求控訴事件
令和5年1月18日判決 一部認容(原判決変更)・一部棄却(上告・上告受理申立)
【出 典】 労経速2510号2頁、労働判例1285号18頁
【経 過】 一審大阪地裁令和4年1月31日判決(棄却)
【参 考】 本件労働契約に10年特例の適用があるということはできないとして,原判決を変更し,雇止め無効地位確認等請求が認められたが,損害賠償等請求は原判決同様斥けられた例。水町勇一郎・ジュリスト1582号4頁、香川孝三・ジュリスト1591号138頁

Page: 1 2 3

Top page