教育裁判例出典検索

教育に関する裁判例の出典を表示します.
200 件を超えるデータは表示されません.
提供する情報についてはいかなる責任も負いません.

日  検索語:   


最終更新:2022年8月8日
検索条件 "最近の判例 " にあてはまる裁判例は 60 件です。 ( 1 / 3 page )
2022.06.28大阪府立高校教員適応障害事件
大阪地裁 令和元年(ワ) 損害賠償請求事件
令和4年6月28日判決 認容
【参 考】 大阪府立高校の教員が、授業準備や部活指導などで長時間労働を強いられた結果、適応障害を発症して一時休職を余儀なくされたとして、府に対し230万円の損害賠償を請求した事案。地裁は学校側の安全配慮義務違反を認定し、府に約230万円の支払いを命じた。
2022.06.24大川市立小学校ゴールポスト下敷き事件
福岡地裁久留米支部 令和元年(ワ)第382号 損害賠償請求事件
令和4年6月24日判決 認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、被告が設置する小学校において、同校の運動場に設置されていたフットサルゴールポストが転倒し、当時小学校4年生であったCがその下敷きになって死亡した事故に関し、亡Cの両親である原告らが、被告に対し、(1)本件事故により亡Cに生じた損害及び原告らの固有の損害の合計としてそれぞれ1940万4936円等の支払を求めるとともに、(2)被告は、原告らと被告との間の在学契約関係上の付随義務として、原告らに対し、本件事故について十分に調査を行い、その結果を原告らに報告し、調査に関して原告らの意向を確認し配慮する義務があるにもかかわらず、被告がこれらの義務を怠ったなどと主張して、それぞれ損害賠償金220万円等の支払を求める事件である。
2022.06.16大阪府立高校・不起立再任用拒否事件
最高裁第一小法廷 令和4年(受)第489号 損害賠償請求事件
令和4年6月16日決定 不受理
【経 過】 一審大阪地裁令和2年11月26日判決(棄却)、二審大阪高裁令和3年12月9日判決(原判決変更)
【参 考】 大阪府立高校の入学式や卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことによる懲戒処分歴がある元教諭の男性が、定年退職後に再任用を拒否されたのは違法として府に損害賠償を求めた事案の上告審。控訴審は男性の訴えを棄却した1審判決を変更し、再任用の不採用は府教育委員会の裁量権の逸脱や乱用にあたり違法として約315万円の支払いを命じた。これを不服として府が上告した。
2022.05.31奈良県教育委員会職員うつ病自殺事件
奈良地裁 令和元年(ワ)第297号 損害賠償請求事件
令和4年5月31日判決 一部認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、原告らが、被告の職員であった原告らの子が自殺したのは、過重な業務に従事させられたことによるうつ病の発症、増悪が原因であるとして、被告に対し、国家賠償法1条1項又は民法415条に基づく損害賠償を求める事案である。
2022.05.19順天堂大学医学部不正入試事件
東京地裁 令和元年(ワ)第16146号 損害賠償請求事件
令和4年5月19日判決 認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、a大学の医学部の入学試験を受験した女性である原告らが、本件大学を運営する学校法人である被告に対し、被告が上記入学試験において、女性という受験者の属性(性別)をもって一律に男性の受験者より厳しい合格基準を設定する合否判定基準を用いていたことは、性別による差別を禁止した憲法14条1項等の趣旨に反する不合理な差別的取扱いであり、不法行為に該当するなどと主張して、それぞれ受験に要した入学検定料等の費用、慰謝料及び弁護士費用相当額の損害賠償金等の支払を求めた事案である。
2022.05.17九州大学学生の水死事故事件
福岡地裁 平成30年(ワ)第336号 損害賠償請求事件
令和4年5月17日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、被告国立大学法人九州大学が設置する九州大学の生徒であったBが、同大学が開講したプログラムに参加中、その実施場所である河川で溺死した事故について、Bの相続人(両親)である原告らが、同プログラムの担当教員であった被告A及び被告法人に対して、損害賠償金等の連帯支払を求める事案である。
2022.04.07奈良市小学校教科書採択文書開示請求事件
奈良地裁 令和3年(行ウ)第5号 行政文書不開示処分決定取消請求事件
令和4年4月7日判決 認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、原告が、奈良市情報公開条例に基づき、処分行政庁に対し、令和2年度使用小学校用の教科用図書の採択に関する文書の開示請求をしたところ、処分行政庁から、本件条例7条2号又は6号に該当することを理由に一部不開示とする部分開示決定を受けたため、不開示とした部分の取消を求める事案である。
2022.03.18山形大学不当労働行為事件
最高裁第二小法廷 令和3年(行ヒ)第171号 山形大学不当労働行為救済命令取消請求事件
令和4年3月18日判決 破棄差戻
【出 典】 裁判所ウェブサイト、労働判例1264号20頁
【経 過】 一審山形地裁令和2年5月26日判決、二審仙台高裁令和3年3月23日判決、上告事件最高裁二小(令和3年(行ツ)第135号)令和3年12月24日決定(棄却)
【参 考】 最高裁は労委の裁量について「広範な裁量を有し、裁判所はその裁量を尊重する必要がある」と強調。合意の成立が見込まれないとしても、労委は誠実交渉を命じることができると判示した。誠実交渉義務違反があったかどうかについて、さらに審理を尽くす必要があるとして、仙台高裁に差し戻している。
2022.02.07平成医療学園マッサージ師養成校の新設制限事件
最高裁第二小法廷 令和3年(行ツ)第73号 非認定処分取消請求事件
令和4年2月7日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【経 過】 一審東京地裁令和元年12月16日判決(棄却)、二審東京高裁令和2年12月8日判決(棄却)
【参 考】 本件は,専門学校を設置する上告人が,あん摩マツサージ指圧師,はり師,きゆう師等に関する法律に基づき,あん摩マッサージ指圧師に係る養成施設で視覚障害者以外の者を養成するものについての法2条1項の認定を申請したところ,厚生労働大臣から,平成28年2月5日付けで,法19条1項の規定により上記認定をしない処分を受けたため,本件規定は憲法22条1項等に違反して無効であると主張して,被上告人を相手に,本件処分の取消しを求める事案である。
2022.02.01鹿児島大学研究費事件
鹿児島地裁 平成27年(ワ)第677号 損害賠償等請求事件
令和4年2月1日判決 一部認容
【出 典】 労働判例ジャーナル124号72頁
【参 考】 大学院の助教の男性が,取得した科学研究費補助金を教授に無断で使われたなどとして,教授と大学に1100万円の損害賠償を求めた事案
2022.01.27土岐市図書館利用禁止処分事件
名古屋高裁 令和3年(行コ)第52号 通知(処分)撤回及び損害賠償等請求控訴事件
令和4年1月27日判決 原判決取消
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【経 過】 一審岐阜地裁令和3年7月21日判決(認容)
【参 考】 (判示事項)市立図書館の利用者に対する当該図書館の利用及び入館を禁止する処分について、当該図書館の管理運営上の重大な支障発生の防止のために必要かつ合理的なものであったなどとして、当該処分の取消し及び慰謝料等の請求を棄却した事例
2022.01.20福岡県立高校硬式野球部後遺障害事件
福岡地裁小倉支部 令和2年(ワ)第940号 損害賠償請求事件
令和4年1月20日判決 認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は,被告の設置する福岡県立A高等学校に在学していた原告が,本件高校の硬式野球部の練習中,右側頭部に打球が直撃して外傷性くも膜下出血等の傷害を負い,右側感音性難聴・内耳機能障害等の後遺障害が残ったところ,本件事故は部活動顧問による安全配慮義務違反により発生したものであると主張して,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。
2022.01.19自衛官パワハラ自殺事件
熊本地裁 令和元年(ワ)第508号 損害賠償等請求事件
令和4年1月19日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は,○○自衛隊の○○曹候補生課程に入校し,a教育中隊に配属中に自殺した学生の父母である原告らが,本件学生の自殺の原因は,被告Y1及び被告Y2による指導の名を借りた暴力的,威圧的ないじめないし嫌がらせ行為にある旨主張して,被告Y1,Y2及び被告国に対して,それぞれ損害賠償金等の連帯支払を求める事案である。
2021.12.16専修大学無期転換事件
東京地裁 令和2年(ワ)第10360号 無期労働契約の地位確認及び損害賠償請求事件
令和3年12月16日判決 一部認容・一部棄却(控訴)
【出 典】 労働判例1259号41頁
【参 考】 無期転換権の行使を拒否された大学の非常勤講師が、期間の定めのない地位確認等を求めた事案。大学は、10年経過しなければ転換権がないとする科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律の適用があると主張した。地裁は、労働契約法18条に基づき無期労働契約が成立したと認められるとして,地位確認請求を認めたが,損害賠償等請求は斥けた。
2021.12.15私立大学准教授昇任審査否決事件
京都地裁 平成30年(ワ)第3567号 損害賠償請求事件
令和3年12月15日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告が設置するa大学のb学部准教授であった原告が,@原告の教授への昇任審査に係る教授会において,B教授及びC准教授がした各発言はハラスメントに当たり,原告の名誉等を毀損する不法行為である、A当時同学部の学部長であり、上記教授会の議長であったD教授が,原告に弁明の機会を与えるなどの是正措置をとらずに,そのまま決議を行う議事進行をしたのは裁量権の逸脱・濫用に当たる不法行為である,B上記@の各発言はハラスメント防止委員会によりハラスメントに該当すると認定されたのに、被告が,原告の教授への昇任につき,再審議の機会を保障するなどの適切な救済措置を何ら採らなかったことは雇用契約上の配慮義務違反であるなどと主張して,被告に対し損害賠償金等の支払を求める事案である。
2021.12.15川口市立中学校いじめ不登校事件
さいたま地裁 平成30年(ワ)第1465号 損害賠償請求事件
令和3年12月15日判決 認容(確定)
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は,被告の設置する中学校に在籍していた原告が,サッカー部内でいじめを受けたことについて,同中学校の教諭ら及び被告の教育委員会がいじめ防止義務や不登校解消義務等の職務上の義務に違反したと主張して,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料等の支払を求める事案である。
2021.12.13福崎町立中学校いじめ事件
神戸地裁姫路支部 平成30年(ワ)第179号 損害賠償請求事件
令和3年12月13日判決 棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,原告が,被告Y1町の設置したa中学校に在籍していた平成14〜16年度の3年間,同級生である被告Y4からほぼ毎日執拗に暴行,傷害,脅迫,痛がらせ,つきまとい等をされ,また,本件暴行等が公然と行われていたにもかかわらず,本件中学の教師らが,被告Y4に制止,注意等をせず放置し,むしろ擁護して本件暴行等に組織的に加担するという対応をしたことにより,心身に著しいダメージを受け,PTSDにより就労不能の状態となったと主張して,被告Y4,その両親である被告Y2及び被告Y3、ならびに被告町に対して,連帯して,損害賠償金等の支払を求める事案である。
2021.12.09大阪府立高校・不起立再任用拒否事件
大阪高裁 令和3年(ネ)第100号 損害賠償請求控訴事件
令和3年12月9日判決 原判決変更(認容)
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【経 過】 一審大阪地裁令和2年11月26日判決(棄却)
【参 考】 大阪府立高校の入学式や卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことによる懲戒処分歴がある元教諭の男性が、定年退職後に再任用を拒否されたのは違法として府に約550万円の損害賠償を求めた事案の控訴審。裁判所は男性の訴えを棄却した1審判決を変更し、再任用の不採用は府教育委員会の裁量権の逸脱や乱用にあたり違法として約315万円の支払いを命じた。
2021.12.06徳島大学病院研修医・胴上げ事件
徳島地裁 平成31年(ワ)第106号 損害賠償請求事件
令和3年12月6日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告大学の研修医として稼働していた原告が、被告らとともに送別会に参加し,被告らから胴上げをされたところ,同人らの過失により,その頭部から舗装路面に墜落させられ,後頭部打撲,頸椎捻挫,脳震盪,心的外傷後ストレス障害及び耳鳴症の各傷害を負い,損害を受けたと主張して,胴上げを行った被告ら及び、被告大学に対して損害賠償金の支払を求める事案である。
2021.11.30山梨市立中学校ヘアーカット事件
甲府地裁 令和元年(ワ)第403号 損害賠償請求事件
令和3年11月30日判決 一部認容・一部棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は,被告が設置する山梨市立a中学校に在学していた原告が,同級生からいじめられていることを教員が認識していたにもかかわらず適切な対応がとられず,かえって原告の体臭に問題があるとして衛生指導を受け、更に教員によって髪を切られたことにより身体的,精神的苦痛を受けたと主張して,被告に対し、国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料等の支払を求める事案である。

Page: 1 2 3

Top page