教育裁判例出典検索

教育に関する裁判例の出典を表示します.
200 件を超えるデータは表示されません.
提供する情報についてはいかなる責任も負いません.

日  検索語:   


最終更新:2024年5月26日
検索条件 "最近の判例 " にあてはまる裁判例は 60 件です。 ( 1 / 3 page )
2024.04.26保育園男児食物アレルギー事件
福岡地裁 令和4年(ワ)第3980号 損害賠償請求事件
令和6年4月26日判決 一部認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 原告は、被告の運営する保育園で提供された鶏卵を含むプリンの摂食によりアレルギー反応を発症した。また、原告は、本件保育園で提供された小麦を含むパスタの摂食によりアナフィラキシー症状を発症した。本件は、原告が、1回目の事故について、損害賠償金約12万円の支払を求めるとともに、2回目の事故について、損害賠償金約320万円の支払を求める事案である。
2024.04.23滋賀県立高校いじめ不登校事件
大津地裁 令和2年(ワ)第535号 損害賠償請求事件
令和6年4月23日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、被告滋賀県の設置するB高校に在学していた原告が、原告母において原告に対するいじめがあることを申告したにもかかわらず、B高校の教員らが適切な対応をしなかったことにより、原告が不登校に至り、その後もB高校の教員らが不登校解消に向けた適切な対応をしなかったため、原告が精神的苦痛を被ったと主張して、被告県に対し、慰謝料500万円等の支払を求めるとともに、B高校に在学していた被告Aが、原告の通学用鞄にパンやゴミを入れたり、原告の自転車のサドルを前後逆にして下げたり、原告の左足を踏みつけたりしたため、原告は精神的苦痛を被ったと主張して、被告Aに対し、慰謝料100万円等の支払を求める事案である。
2024.03.19名古屋市立中学校いじめ自殺事件
名古屋地裁 令和4年(ワ)第2974号 国家賠償請求事件
令和6年3月19日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、名古屋市立中学校に在学していた生徒の相続人である原告らが、学校を設置する被告に対し、学校の教員が生徒に対する安全配慮義務に違反したことにより、いじめを防ぐことができず、生徒は自死に至るほどの精神的苦痛を被ったなどと主張し、また、名古屋市教育委員会及び学校は、生徒が自死したことについての調査報告義務に違反したり、卒業式等において原告らに対する配慮を欠いた違法な対応をしたりしたなどと主張して、被告に対し、国家賠償法1条1項に基づき、損害賠償金1540万円の支払等を求めた事案である。
2024.03.01大分県立特別支援学校生徒窒息死事件
大分地裁 令和1年(ワ)第367号 損害賠償請求事件
令和6年3月1日判決 一部認容(確定)
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 亡eは、知的障害及び身体障害を有し、被告が設置するf支援学校高等部に通学していたところ、給食時間中に倒れ、その後死亡した。本件は、eの親族である原告らが、eには掻き込むような食べ方をして食物を丸飲みするという傾向があり、これによって咽頭が食物で閉塞され窒息が生じたことにより死亡したとし、本件事故当時本件支援学校の教職員であった者らには、給食時間中のeを見守り、食物による窒息を防止すべき注意義務及び同人の口腔内の食物を直ちに除去するなどの応急処置を採るべき注意義務等があったのに、これらを怠ったなどと主張して、被告県に約3700万円の損害賠償を求める事案である。
2024.02.14茨城県古河市立中学校教員うつ病自殺事件
水戸地裁 令和2年(ワ)第176号 損害賠償等請求事件
令和6年2月14日判決 一部認容
【出 典】 労働判例ジャーナル146号30頁
【参 考】 自殺した亡教員は長時間にわたる時間外労働を余儀なくされ,うつ病エピソードを発症したものであり,校長には安全配慮義務違反が認められるとして,損害賠償等請求が一部認められた例。
2024.02.08横浜国立大学教授成績改ざん事件
横浜地裁 令和3年(ワ)第909号 懲戒解雇無効等確認請求事件
令和6年2月8日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル145号10頁
【参 考】 国立大学で外国人留学生向けの講義を担当していた元教授が,学生の成績評価を恣意的に行ったなどとして懲戒解雇処分を受けたのは不当として,処分の無効などを求めた事案
2024.01.24大阪市立中学校教員コロナ在宅勤務事件
大阪高裁 令和5年(行コ)第82号、同第114号 賃金等請求控訴、同附帯控訴事件
令和6年1月24日判決 原判決変更
【出 典】 労働判例ジャーナル146号34頁
【経 過】 一審大阪地裁令和5年5月17日
【参 考】 原告は、被告に中学校教員として再任用され、被告が設置する中学校において勤務していたところ、令和2年3月12日から同月17日まで海外へ私事旅行をし、帰国後、自宅での研修(教育公務員特例法22条2項所定)を申請したが、校長から出勤を命じられた。本件は、原告が、@本件研修は承認された、仮に承認されていないとしても3日間は被告の責めに帰すべき事由により労務提供できなかった、A校長が本件研修を承認しないと判断したことは、裁量権を逸脱し又は濫用したものとして違法である、B校長が原告に対して出勤を命じたことは違法であるなどと主張して、被告に対し、未払賃金及び慰謝料等の支払を求める事案である。原判決を変更し,新型コロナの情勢下出勤しなかった期間の未払給与支払請求は原判決同様一部認められたが,損害賠償等請求が斥けられた例。
2023.12.25聖マリアンナ医科大学不正入試事件
東京地裁 令和2年(ワ)第26002号 損害賠償請求事件
令和5年12月25日判決 一部認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 私立医科大学の入学試験で、女性であることを理由に点数操作をされ損害を受けたとして元受験生の女性4人が同大を相手取り約3280万円の損害賠償を求めた事案。
2023.12.18福島第一原発事故後の生徒被ばく事件
仙台高裁 令和3年(行コ)第9号 各安全な場所で教育を受ける権利の確認等請求控訴事件(国家賠償請求関係)
令和5年12月18日判決 棄却
【経 過】 一審福島地裁令和3年3月1日判決(裁判所ウェブサイト)。控訴審において、訴訟を行訴部分と国賠部分に分離、本判決は国賠部分。
【参 考】 控訴人らは、被控訴人らに対し、本件原発事故後における被控訴人らの違法な事故対応等により無用な被ばくをさせられ、将来健康被害を生じる不安を抱くなどの精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づき、1人当たり慰謝料10万円及びこれに対する遅延損害金の支払を求めている。
2023.11.07山形県立高校教員わいせつ行為懲戒免職事件
山形地裁 令和5年(行ウ)第7号 退職手当支給制限処分取消請求
令和5年11月7日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル144号22頁
【参 考】 勤務先の県立高校の女子生徒へのわいせつ行為で懲戒免職処分となった元教諭の男性が,県に退職金の支払を求めた訴訟
2023.10.18看護専門学校奨学金「お礼奉公」事件
横浜地裁 令和3年(ワ)第3753号、令和4年(ワ)第1245号 奨学貸付金返還請求本訴事件、損害賠償等請求反訴事件
令和5年10月18日判決 (本訴請求)一部認容、(反訴請求)棄却
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
2023.10.13私立中高一貫校いじめ転校事件
広島高裁 令和5年(ネ)第160号 損害賠償等請求事件
令和5年10月13日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル143号56頁
【経 過】 一審山口地裁令和5年4月19日判決(一部認容・一部棄却)
【参 考】 宇部市の中高一貫校の高校で退学を余儀なくされたのはいじめが原因だとして、元生徒と父親が損害賠償を求めて同級生や学校法人などを訴えた事案で、学校法人の損害賠償責任を否定した原判決に対する控訴が斥けられた
2023.09.29私立高校野球部いじめ転学事件
名古屋地裁 令和3年(ワ)第5462号 損害賠償等請求事件
令和5年9月29日判決 一部認容
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 本件は、被告k学園設置のk高等学校の野球部に在籍していた原告が、被告k学園に対して、@原告が野球部の部員から受けたいじめに関して重大事態調査組織の設置を怠るなどした安全配慮等義務違反、A原告が転入学する際に転入学に協力する義務を怠った転入学協力義務違反、Bいじめの事実を被告愛知県高野連に報告しなかった報告義務違反によって、精神的苦痛を被ったとして、在学契約上の債務不履行に基づき、慰謝料等の支払を求めるとともに、被告愛知県高野連に対して、被告k学園に対する適切な調査をしなかったことによる調査義務違反があるとして、不法行為に基づき、慰謝料等の支払を求める事案である。
2023.09.28大阪府立高校教員生理休暇不正取得事件
大阪地裁 令和4年(行ウ)第37号 懲戒処分取消請求事件
令和5年9月28日判決 棄却
【出 典】 労働判例ジャーナル142号32頁
【参 考】 通勤手当不正受給及び生理休暇の不正取得を理由とする懲戒(停職3日)処分取消請求が斥けられた例。大阪府・大阪府教委事件。生理休暇中に墓参りに行ったり商業施設に行ったりしたら、生理休暇を不正取得したことになるのか?
2023.09.19明浄学院横領事件取り調べ映像事件
大阪地裁 令和4年(モ)第1308号 文書提出命令の申立て
令和5年9月19日判決 一部認容(即時抗告)
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 学校法人の土地取引を巡って業務上横領罪に問われ、無罪が確定した原告(申立人)が、大阪地検特捜部の捜査で精神的苦痛を受けたとして国に損害賠償を求めた事件において、申立人が、本件横領事件に関する取調べの録音録画に係る動画ファイルを記録した記録媒体の提出を申し立てた事例。
2023.09.19私立学校教員配転命令事件
福岡地裁小倉支部 令和4年(ワ)第22号、令和5年(ワ)第435号 地位確認等請求事件
令和5年9月19日判決 一部認容
【出 典】 労働判例ジャーナル141号1頁
【経 過】 (仮処分)福岡地裁小倉支部令和3年12月15日決定(却下)、福岡高裁令和4年2月28日決定(却下)
【参 考】 本件は,学校法人コングレガシオンが設置,運営していた北九州市所在の明治学園中学校・高等学校(「本件学校」)において数学科教員として勤務していた教員が,コングレガシオンから福島市所在の桜の聖母学院中学校・高等学校(「桜の聖母学院」)への配転命令を受けたことにつき,同命令は無効であると主張して,コングレガシオンに対し,桜の聖母学院での就労義務がないことの確認を求めるとともに(事件@),本件学校の設置者がコングレガシオンから,新設された明治学園へ変更されたことに伴い,明治学園に対し,労働契約上の権利を有する地位にあることの確認及び桜の聖母学院での就労義務がないことの確認を求めた(事件A)事案である。学校法人コングレガシオン・ド・ノートルダム事件、解雇無効判決確定後の遠隔地への配転命令、水町勇一郎・ジュリスト1591号4頁
2023.09.14森友学園文書開示請求事件
大阪地裁 令和3年(行ウ)第120号 行政文書不開示決定取消等請求事件
令和5年9月14日判決 棄却
【出 典】 裁判所ウェブサイト
【参 考】 学校法人森友学園の国有地売却を巡る財務省の公文書改ざん問題で、改ざんを強いられ、自死した近畿財務局職員の妻が、改ざんに絡む行政文書の不開示決定の取り消しを国に求めた事例。
2023.09.06私立大学薬学部助教雇止め事件
宮崎地裁延岡支部 平成31年(ワ)第34号 地位確認及び賃金支払請求事件
令和5年9月6日判決 一部認容
【出 典】 ウエストロー・ジャパン
【参 考】 本件は、原告が、被告が有期労働契約の更新の申込みを拒絶することが、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないときに当たると主張して、被告に対し、労働契約上の権利を有する地位にあることの確認、未払賃金の支払等を求めた事案である。
2023.07.27大阪市立中学校・不起立戒告処分事件
大阪高裁 令和5年(行コ)第11号 懲戒処分取消請求控訴事件
令和5年7月27日判決 棄却
【経 過】 一審大阪地裁令和4年11月28日判決(棄却)、最高裁二小令和6年1月19日決定(棄却・不受理)
【参 考】 本件は、大阪市立中学校の教諭であった控訴人が、所属校において実施された卒業証書授与式において、国歌斉唱時に起立斉唱を命ずる旨の校長の職務命令等に従わなかったとして、大阪市教育委員会から本件処分を受けたため、被控訴人を相手として、その取消しを求める事案である。原審は、控訴人の請求を棄却したところ、これを不服とする控訴人が本件控訴を提起した。
2023.07.20堺市「のびのびルーム」指導員採用拒否事件
東京高裁 令和5年(行コ)第50号 労働委員会命令取消請求控訴事件
令和5年7月20日判決 棄却
【出 典】 中央労働委員会データベース
【経 過】 一審東京地裁令和5年1月30日判決(棄却)
【参 考】 本件は、堺市から学童保育事業である放課後児童対策事業(のびのびルーム事業)を新規に受託した会社が、(1)従前の受託者であった事業団における放課後児童支援員の主任指導員であった組合員Aを採用しなかったこと、(2)Aとの雇用継続などを要求項目とする団体交渉に応じなかったことが、労組法第7条第1号及び第2号の不当労働行為に当たるとして、組合が大阪府労委に救済申立てを行った事件である。大阪府労委及び中労委が本件申立てを棄却したところ、組合はこれを不服として行政訴訟を提起した。竹内(奥野)寿・ジュリスト1592号4頁

Page: 1 2 3

Top page